親の借金も相続される?相続放棄の仕組み

親が残した負債・借金も相続しなければならないのですか?

はい。相続は財産を分けることだけでなく、負債を引き継ぐことも含まれます。ただ、プラスの財産から負債を差し引いても負債の方が多いといった場合、相続を放棄するという手続きをとることで、負債を引き継がなくてもよくなります。

このことを「相続放棄」と言いますが、相続放棄は負債を引き継がない代わりに財産についても放棄しなければならない点に注意が必要です。親が莫大な借金を残して亡くなった場合にその借金を負担させてしまうと、残された家族の生活が成り立たなくなるということもあるためにこういった手続きがあります。

いつ相続放棄の手続きをしなければならないですか?

相続放棄は各相続人が「自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内」に家庭裁判所に対して「相続放棄申述書」を提出しなければなりません。家庭裁判所に認められれば、「相続放棄申述受理通知書」が交付され、相続の放棄が認められます。

3ヶ月以内ですが、とにかく親に借金が多く残っていたことが分かったら放棄をするかどうかを検討しなければなりません。

相続放棄はだれが行うのですか

相続放棄は各相続人が「単独」で行います。相続を放棄した場合、最初から相続人でなかったということになりますので、他に相続人がいる場合はその相続人に負債が引き継がれることになります。相続人すべてが相続放棄した場合は、回収不能な債権となります。

※連帯保証をしていた場合は、その保障債務が免れることはありませんので、注意が必要です。

※相続人が未成年者の場合は、その法定代理人が代理して申述します。

相続の話し合いで「相続をしない」と言えば借金は免れますか?

遺産分割協議で「相続を放棄する」ということを言っていたとしても、法的に効力はなく、その相続人が単純承認したとみなされます。もしマイナスの財産が多かった場合は、法定相続分については債務の負担義務が生じます。財産を相続する意思がまったく無い場合は協議だけでなく必ず家庭裁判所に相続放棄申請をしなければなりません。

相続放棄の流れ

相続放棄は、まず必要な書類をそろえるところから始まります。必要となる書類には次のようなものがあります。

次に、提出した申述書に基づき、家庭裁判所から「相続放棄の申述についての照会書」が届きます。この照会書にあるいくつかの質問事項に回答し家庭裁判所に返送し、問題がなければ相続放棄申述受理通知書が家庭裁判所から送られます。これによってはじめて法的に相続放棄が認められたことになります。

相続放棄した後に親の借金の督促が来たらどうすればよいですか?

もし、債権者から債務の負担を迫られたりした場合どうすればよいでしょうか。その場合は、相続放棄の際にもらった書類「相続放棄申述受理通知書」を見せれば、債権者も法的に負担を求めることができませんので、債務の負担を迫られることはありません。他の相続人、債権者から特に求めがあれば家庭裁判所に「相続放棄申述受理証明」の書類を申請することができます。

相続放棄の手続きをすれば相続による借金はなくなるのですか?

相続放棄の手続きは一人ひとりの相続人に対して行います。相続放棄した人は「もとから相続人ではなかった人」とされますが、他の相続人に対しては当然債務の相続が起こります。そこは相続人で話し合いを持つなどして、親の借金をどのようにすべきかを合意することも必要となります。

相続人全員が相続放棄の申請を出した場合は、相続による債権は回収不能となりますので、金融機関としては回収することはできなくなります

広島相続・遺言相談スクエアでできること

広島相続・遺言相談スクエアでは、相続放棄すべきかどうかのご相談から、実際の申述書の作成のお手伝いまで相続放棄をスムーズに進めるためのお手伝いをいたします。親に借金があることがわかり、どうしたらいいか困っているという方はまずはご相談ください。適切にアドバイスいたします。

相続放棄手続きの報酬

相続放棄は3ヶ月以内に行う場合と、それ以降に行う場合とで手順が違ってきますので、3ヶ月以内の場合とそれ以降の場合とで報酬に違いがあります。

Copyright© 2010 広島で相続・遺言の手続相談なら司法書士法人SOLY相続・遺言相談窓口 All Rights Reserved.