成年後見申し立てのサポート内容と報酬について

まずは無料相談を。

広島成年後見サポートスクエアでは、広島にお住まいの方を対象に複雑な成年後見の申し立てや任意後見契約書の作成をご本人やご依頼のご家族の意向を最大限尊重しながら、適切な制度を選択し、代行いたします。初めてのご相談の方は無料ですので、今後の方向性なども含め、お一人で悩まずにお気軽にご相談ください。専門家が適切なアドバイスをいたします。

司法書士報酬の目安

実際に任意後見契約や申立てが決まったら、必要な関係書類の準備を司法書士が行います。報酬の目安は次の通りです。費用は事前に詳しくご説明いたします。

法定後見申立サポートサービス:100,000円

財産目録・収支一覧表作成のみ:35,000円

任意後見契約書作成サポートサービス:100,000円

財産管理契約作成料サポートサービス:100,000円

※分割払い等のご要望も承りますので、お気軽にご相談ください。

その他実費

その他、成年後見申立の場合は医療機関による鑑定費用(30,000円~100,000円)がかかります。また、謄本の請求や登記費用、郵送費用などの実費をいただきます。詳細は個別案件によって変動しますが、事前に丁寧にご説明し、ご納得の上でご契約をさせていただきます。安心してご相談ください。

法定後見人の後見人報酬

法定後見制度を利用した場合、後見人の報酬は当事者で勝手に決めることは許されていません。後見人の報酬額は、家庭裁判所が後見人から後見事務の報告を受け、本人の財産の状況などを勘案し、家庭裁判所が判断して決定することになっています。家庭裁判所の承認を得ずに、後見人が本人の財産から勝手に報酬額を引き出すことは許されません。具体的な報酬額は一切公表されておらず、個々のケースによって異なりますので、法定後見での後見人の報酬額を明示することはできません。

任意後見の後見人報酬

後見人の報酬額は、ご本人と任意後見人受任者との間で、自由に取り決めをすることができます。上限額や下限額はありません。報酬額は、その支払い条件などを含めて「任意後見契約書」に明記しておきます。家族や親族などが後見人となる場合、無報酬としても構いません。*無報酬の場合でも、後日の紛争を避けるため、その旨を任意後見契約書に明記しておきます。

任意後見監督人への報酬

後見監督人にも、報酬の支払いが必要です。報酬の額は公開されていませんが、決して高額なものではありません。

Copyright© 2010 広島成年後見サポートスクエア 運営:司法書士法人SOLY All Rights Reserved.