広島で法定後見制度の申し立てをお考えの方へ

法定後見制度とは?

「法定後見制度」は認知症や知的障害・精神障害などにより判断能力が不十分な人を対象としている制度で、すでに認知症等によって、判断能力が低下した人のための制度です。

どんな時に利用できる制度ですか?

法定後見制度はこのような場合に利用できる制度です。

法定後見制度の種類

法定後見制度は本人の判断能力に応じて、後見・保佐・補助の三つの制度があります。大まかには以下のような流れでそれぞれの後見制度の利用が決まります。

また、家庭裁判所への申し立てには医師の鑑定が必要となります。上記後見・保佐・補助のどのケースに該当するかを面談によりご相談しながら最終的に申し立ての方針を決めていきます。広島地域の方はぜひ一度ご相談ください。

詳しくはこちらから(サポート内容と費用一覧)

Copyright© 2010 広島成年後見サポートスクエア 運営:司法書士法人SOLY All Rights Reserved.