外国籍の方、外国居住の日本人の方の登記でお困りではありませんか?

日本国内の不動産登記・商業登記・相続登記の場合、印鑑証明書や住民票等で手続きが可能ですが、外国籍の方や外国に永住されている日本国籍の方などは別の方法で手続きをしなければなりません。このような外国との関わりのある登記の事を渉外登記といいます。不動産購入・会社の設立や役員への就任、相続人である外国籍の相続財産が日本にある場合などの登記全般を指してこのように呼びます。

国家資格である司法書士は不動産登記・商業登記・相続登記等の日本国内での登記手続きや申請を代理人として行う権限を有しています。外国籍の方で登記についてお困りの事がございましたら当事務所へお問い合せください。


渉外登記3つの種類

渉外不動産登記

外国人の方が日本の不動産を購入する際に必要になる手続きです。

渉外不動産登記の詳細はこちら

渉外商業登記

外国人の方、外国法人が日本国内でビジネスを行おうとする場合には日本で会社を設立する必要があり、その際に行う手続きです。

渉外商業登記の詳細はこちら

渉外相続登記

被相続人が外国籍、または外国に永住している日本国籍の方の場合にとる手続きです。

渉外相続登記の詳細はこちら


お問い合わせについて

Please feel free to contact us also in English

電話番号(+81)082-224-1550  FAX(+81)082-511-7101
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。 →メールでのお問い合わせ


▲ページトップに戻る