2014/06/12 10:23:19
  • 週刊SOLYNEWS第53号「自宅のカギ 預かります!」

{COL1}様

最近Macbook Proを買ってちょっとウキウキの編集Iです。
ずっとWindowsだったので、いろいろと戸惑っていますが
なんとか慣れてきました。といいながらこのメルマガは
Windowsで書いています・・・

いつかカフェでMacbookを開いてブログを書いてみたい
ものです。デキるビジネスパーソンに見えるでしょうか(^^;

広島も梅雨入りして、ジメジメとした日が続きますが
お体には気をつけて乗り切ってきましょう!


■今日の一句

雨音で 蛙飛び込む 音消され

大粒の雨が水面を打ち、蛙がおもいっきり飛び込んでも
その音は聞こえない。そんな梅雨の情景を詠んでみました。

■今週のブログから

【エンディングノート3つの目的とは?】
http://soly.jp/archives/7552

エンディングノートと聞いて「私はまだ早い」と感じられる方も多いかも
しれません。しかし、エンディングノートは決して終末期の事だけを
書くものではないのです。その目的を正しく理解して、
うまく活用してみましょう。


【たった1日、されど1日。法律上の日付の計算方法とは?】
http://soly.jp/archives/7559

新入社員上内氏のブログ。6月12日から1年間というのは
初日を入れるでしょうか、また、何日まででしょうか。
改めて問われると難しいものです。


【自宅のカギ 預かります!〜高齢者の孤独死防止策〜】
http://soly.jp/archives/7567

先日も「孤独死のリアル」という書籍の中で、いくら心配していても
いきなり他人の家に上がり込むというのは法律上も難しく、
適切な手続をするのに時間がかかってしまうという問題が大きいと
著者が言われていました。そんな場合に備えて、しっかりとした
機関に鍵を預けて同意の上で鍵を開けて入ってもらう仕組みを
作っておくことは重要かもしれません。


【遺留分の放棄は代襲相続人に影響するのか】
http://soly.jp/archives/7581

「私には子供が二人いますが、子供Aにはこれまで家の新築や
孫の教育資金等に十分に援助をしてきましたので、
私が他界した時に残る財産は、もう一人の子供Bにすべて
渡したいと思っています。そのために、遺言も書くつもりで、
二人の子供にもその旨を伝えました。子供Aもこれに同意し、
遺留分の放棄をしてもよいといってくれています。でも、
ふと私は心配になりました。私より子供Aが先に他界した
場合、子供Aが遺留分の放棄をしたとしても、その際に
代襲相続人になる孫のCが遺留分の請求をしたら、
せっかくの私の思いや子供Aの遺留分の放棄が無駄に
なってしまうのではないかと。」
という質問に、照本司法書士が答えています。

終活ホットライン:082-511-7100
詳しくはWEBでも http://soly.jp/


◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  編集後記
―――――――――――――――――――――――――――――――――◆◆

交流戦最下位・・・
チームのバランスというのがいかに大切か。
まさに監督の手腕が問われる時期にきたのかもしれません。
ワールドカップも開幕しますので、ますますスポーツが
盛り上がってきますね。

寝不足に注意です(^^)

ではまた来週!


★☆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  SOLYソーシャルメディア
―――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

Blog http://soly.jp/

Facebook https://facebook.com/solyfan


★☆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  ご注意
―――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

当メールでの情報で提供される情報は細心の注意を払っておりますがお客様自身の責任の基でコンテンツをご利用いただきますようお願いいたします。
また。具体的な案件に関しましてはお気軽にご相談ください。


■発行者情報

発行者:司法書士法人SOLY

問い合わせ先:info@soly.jp
事務所サイト:http://soly.jp

〒730-0013
広島市中区八丁堀3番8号 ハイネス白峯ビル1001号
TEL 082-511-7100 FAX 082-511-7101


■ご意見・ご質問はこちら!

⇒ http://soly.jp/toiawase

あるいは、
このメルマガに「返信」して頂いてもOKです!


■購読解除はこちらからお願いいたします。

このメールは{EMAIL}宛てに
お送りいたしております。

メルマガ解除はこちらより行ってください
{DELURL}

{YEAR}年{MONTH}月{DAY}日{HOUR}時{MINUTE}分{SECOND}秒 {WEEK-JP}曜日