2014/05/01 11:36:24
  • 週刊SOLYNEWS第47号「遺言書を残すということ」

{COL1}様

5月です!今各地でつつじが満開ですが、庭木や生け垣などに多く使われるつつじに「ヒラドツツジ」というものがあります。平戸という名前の通り、長崎県の平戸市で栽培されてきたことが名前の由来とされています。1712年にはすでに「ヒラドツツジ」と紹介されていたそうですから古くから親しまれているんですね。

ジャパネットたかたの高田社長も平戸市のカメラ店から大きく事業を伸ばされた方ですし、キャプテン翼にも平戸の高校で超高校級のキーパーがいてその人をモデルに描かれたりしています。

平戸といえば「鄭成功」も忘れてはいけません。平戸で福建省出身の父と日本人の母の間に生まれ、その後中国に渡り、17万5千の北伐軍を起し、1661年台湾を占拠していたオランダ人を追放、本拠地とした人物です。国共内戦に破れ台湾に敗走した中国国民党にとっては、歴史が似ている鄭成功の活躍を身近に感じられ、今では台湾人の不屈精神の支柱・象徴として社会的に高い地位を占めているそうです。

ついつい熱くなってつつじの話から鄭成功の話へと脱線してしまいましたが、連休の合間という事でお許しください

(^^;


■今日の一句

紅白のつつじの帯に青いそら


■今週のブログから

軽自動車は財産ではない!?〜遺言執行者の実務から〜
http://soly.jp/archives/7384

軽自動車と普通自動車では、財産としての扱いが違うというお話しです。


富岡製糸場世界遺産登録へ〜先進的な労働環境〜
http://soly.jp/archives/7397

当時としては先進的な労働環境を提供していた富岡製糸場。女工哀史の世界とは実際にはちょっ

と違った面もあるのかもしれませんね。


◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  シリーズ おひとりさまの終活事情
―――――――――――――――――――――――――――――――――◆◆

おひとりさまの相続

おひとりさまなら相続は関係ないとお思いかもしれませんが、実は
しっかりと考えておかないと、自分が思うような相続が難しいケースもあります。
例えばいつも面倒を見てもらっている姪っ子に財産の多くを渡したい、付き添ってもらっている妹に多くを渡したい。そう思っていてもお子さんとご両親がいらっしゃらなければご兄弟へ等分されるという事になる可能性もあります。ですので、特に重要な事は「遺言書」を遺しておくという事です。

日本ではまだ遺言書を書くという習慣がそこまで広まっていない状況で、遺言書を書いている人は全体の数%とも言われています。これは「自分が亡くなったあとは家族がなんとかしてくれるだろう」「自分には残す財産も無いから遺言書は書かなくてもいい」「自分たちは家族の仲が良いから揉め事はおこらない」といった理由が多いかと思います。

しかし、これらの理由はすべて勘違いなのです。
自分が亡くなったあとはなんとかしてくれると思っても、今は核家族化の時代ですから、それぞれの家庭の事情があり、自分が思った相続が行われない可能性もありますし、残す財産が無いという方も多いのですが、少ない方ほど揉めるという事もあるのです。同様に、家族の仲が良いというのも、それぞれ家庭を持つと、相続人ではない配偶者からの言葉など、様々な要因で揉める可能性もあるのです。

遺された財産を誰にどのように渡すか。あらかじめ遺言書という形で残しておくことで、その後安心して過ごす事も出来ますので、一度司法書士等の専門家に相談される事をおすすめします。


終活ホットライン:082-511-7100
詳しくはWEBでも http://soly.jp/


◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  編集後記
―――――――――――――――――――――――――――――――――◆◆

ひさびさの2連敗。
ちょっと不安だったカープファンの心理を読んだようなこの2試合でしたね。
強いカープに慣れていない私たちにとっては、一息ついてまた元気を出して
頑張って欲しいと願うばかりです。

鯉のぼりの季節を過ぎても鯉がはためきますように。


★☆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  SOLYソーシャルメディア
―――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

Blog http://soly.jp/

Facebook https://facebook.com/solyfan


★☆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  ご注意
―――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

当メールでの情報で提供される情報は細心の注意を払っておりますがお客様自身の責任の基でコンテンツをご利用いただきますようお願いいたします。
また。具体的な案件に関しましてはお気軽にご相談ください。


■発行者情報

発行者:司法書士法人SOLY

問い合わせ先:info@soly.jp
事務所サイト:http://soly.jp

〒730-0013
広島市中区八丁堀3番8号 ハイネス白峯ビル1001号
TEL 082-511-7100 FAX 082-511-7101


■ご意見・ご質問はこちら!

⇒ http://soly.jp/toiawase

あるいは、
このメルマガに「返信」して頂いてもOKです!


■購読解除はこちらからお願いいたします。

このメールは{EMAIL}宛てに
お送りいたしております。

メルマガ解除はこちらより行ってください
{DELURL}

{YEAR}年{MONTH}月{DAY}日{HOUR}時{MINUTE}分{SECOND}秒 {WEEK-JP}曜日