2014/04/01 09:32:52
  • 週刊SOLYNEWS第43号「人生90年時代を生きる」

{COL1}様

4月です。新年度が始まりました。
新年度からは、あたらしく「おひとり様の終活事情」
というコーナーが始まります。
自分は家族がいるから大丈夫。そうお思いではありませんか?
実はおひとりさまというのは、一人ぼっちというわけでなく、
「誰かがやってくれるだろう」と思っていたら結局だれも自分の事をやってくれる人がいなかった・・・という事でもあるのです。
特に女性は平均寿命の関係から夫に先立たれる可能性も高く、自分の最期をどのように迎えるか、しっかりと考えなければならないのです。


■京口門公園の花壇が新しくなりました!

司法書士法人SOLYでは、広島市の環境美化への協力で、事務所となりの京口門公園の花壇づくりをお手伝いしています。広島市から花の苗の提供を受けましたので、先日の日曜日に花の植え込みを行ってまいりました。

八丁堀京口門公園の近くをお通りの際はちょっと覗いてみてくださいね(^^)



◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  シリーズ おひとりさまの終活事情
―――――――――――――――――――――――――――――――――◆◆

【人生90年時代を生きる】

昭和21年(1946年)の平均寿命をご存知ですか?実は男性69.31歳、女性74.66歳でした。つまり60歳定年としても、余生は10〜15年だったのです。そして、昭和60年に女性の平均寿命は80歳を超え、さらに平成21年には女性の平均寿命は86.44歳へ。この急激な変化に伴い、今を生きる人にとって定年後の第二の人生は平均でも20年近く、多くの人が30年を生きる時代になってきたと言えます。

【老後30年の時代】

定年後30年を生きるからこそ、自分の生き方をしっかりと考え、資産の問題から、介護や葬儀の問題まで、しっかりと準備をしていくことが必要なのだと思います。30年といえば当たり前ですが、生まれたばかりの子が30歳になるという事です。そんな長い時代を楽しく有意義に、そして自分らしく生きるためにどうすれば・・・そんな思いが昨今の終活ブームにもつながっているのかもしれません。

今回は「人生90年時代、老後30年時代」というのを覚えておいてください。
まさに第2の人生をどう歩むか。一人ひとりが考えなければならない時代なのです。


終活ホットライン:082-511-7100
詳しくはWEBでも http://soly.jp/


◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  編集後記
―――――――――――――――――――――――――――――――――◆◆

カープの開幕3連戦は2勝1敗と、順調な開幕となりましたね。
九里亜蓮の初勝利。学生時代から「度胸がある」と北別府氏も太鼓判を押す
選手だけあって、堂々のピッチングでした。次の登板も期待大です!

ではまた来週お会いしましょう!


★☆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  SOLYソーシャルメディア
―――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

Blog http://soly.jp/

Facebook https://facebook.com/solyfan


★☆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  ご注意
―――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

当メールでの情報で提供される情報は細心の注意を払っておりますがお客様自身の責任の基でコンテンツをご利用いただきますようお願いいたします。
また。具体的な案件に関しましてはお気軽にご相談ください。


■発行者情報

発行者:司法書士法人SOLY

問い合わせ先:info@soly.jp
事務所サイト:http://soly.jp

〒730-0013
広島市中区八丁堀3番8号 ハイネス白峯ビル1001号
TEL 082-511-7100 FAX 082-511-7101


■ご意見・ご質問はこちら!

⇒ http://soly.jp/toiawase

あるいは、
このメルマガに「返信」して頂いてもOKです!


■購読解除はこちらからお願いいたします。

このメールは{EMAIL}宛てに
お送りいたしております。

メルマガ解除はこちらより行ってください
{DELURL}

{YEAR}年{MONTH}月{DAY}日{HOUR}時{MINUTE}分{SECOND}秒 {WEEK-JP}曜日