2013/12/11 10:33:25
  • 週刊SOLYNEWS第28号「認知症の父所有の不動産の売買」

{COL1}様

皆様いかがお過ごしですか?
12月も半ばになってきまして今年も残す所あとすこしですね。
さて、最近韓国ドラマにはまっていまして「ミス・リプリー」というドラマを見ています。
貧困からのし上がろうとする女性がホテルの社長に見初められ付き合い始めますが、そこへそのホテルを買収した巨大ホテルグループの御曹司が現れ、主人公の女性はそちらへと鞍替えしようと試み、壮絶な二股関係が続きます。ドラマを見ている自分は彼女の真実を知っていますが、社長も御曹司もその事実を知らない。そんな状況で次々にその嘘が明るみになりそうな事件が起こり、それを何とか乗り切っていくスリル溢れる展開が続きます。
まさに「二兎を追う者は一兎をも得ず」を地で行く主人公です。


■ブログおさらい

小さな島の大きなネット企業
http://soly.jp/archives/6359

「プロダクト・ライフサイクル」という言葉があるように、企業が作り出す製品も社会環境やその他様々な要因によって、その役目が変わってくる事があります。わかりやすい例で言えば、馬車から自動車への変化、固定電話から携帯電話への変化などが当てはまるでしょう。それまで、馬車用、固定電話用の製品を作っていた企業はそのまま消える運命となるでしょうか。
しかし、自社の資産を活かし、逆に大躍進を遂げた企業があります。

それが今回ご紹介する小さな島の大きなネット企業のお話。
さて、どんなお話でしょうか。ぜひご一読ください。


■ 今週の気になるニュース

食材偽装対策、法改正へ 政府、課徴金制度の新設も検討
http://www.asahi.com/articles/TKY201312090066.html

食品偽装が相次ぎ明るみになり、関係各所で再発防止に関する動きが始まっています。加工食品など店頭に並ぶ食品に関しては表示が厳しくされており、例えばスーパーの鮮魚売り場でも産地までしっかりと表示されるようになって来ていましたが、飲食店のメニューに関しては統一したルールはありませんでした。
景品表示法による優良誤認の基準の明確化、措置命令を地方行政機関が出せるようにする(現在は消費者庁のみ)といった具体的な案が出てきています。

「シェフのきまぐれサラダ」は気まぐれでなく仕入れの都合だから「お店の仕入れの都合サラダ」に変更しろといった過剰な反応になるのもいただけませんが、偽装と呼ばれるような行為は根絶しなければならないですね。


◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  シリーズ 成年後見制度Q&A
―――――――――――――――――――――――――――――――――◆◆

Q:
父名義の不動産を売却しようと思いますが、父は今認知症を患っております。この場合どのようにすればよいでしょうか。

A:
不動産の売却は契約ですので、契約する本人に判断能力が無い場合は契約自体が出来ません。その場合は本人に変わって後見人を立てる必要があります。
家庭裁判所が後見人を選任し、その後見人が本人に代わって買主との契約を行う事になりますが、その売買が本人にとって必要かどうかを家庭裁判所が判断しますので、自由に売買が出来るわけではない事に注意が必要です。
今回の場合、将来自宅に戻る予定が無く、施設へ入居する際の資金として自宅の売却代金をあてたいといった本人にとって正当な理由がある場合は許可される事が多いでしょう。
その他売却代金が適正な価格かどうか等、本人の権利保護の観点から慎重な判断が必要となります。このようなケースがありましたらまずはご相談ください。

成年後見ホットライン:082-511-7100
詳しくはWEBでも http://soly.jp/seinenkouken/


◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  編集後記
―――――――――――――――――――――――――――――――――◆◆

忘年会シーズン真っ盛りですね。
みなさんお酒を飲んでも飲まれないように気をつけくださいね。




★☆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  SOLYソーシャルメディア
―――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

Blog http://soly.jp/

Facebook https://facebook.com/solyfan


★☆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  ご注意
―――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

当メールでの情報で提供される情報は最新の注意を払っておりますがお客様自身の責任の基でコンテンツをご利用いただきますようお願いいたします。
また。具体的な案件に関しましてはお気軽にご相談ください。


■発行者情報

発行者:司法書士法人SOLY

問い合わせ先:info@soly.jp
事務所サイト:http://soly.jp

〒730-0013
広島市中区八丁堀3番8号 ハイネス白峯ビル1001号
TEL 082-511-7100 FAX 082-511-7101


■ご意見・ご質問はこちら!

⇒ http://soly.jp/toiawase

あるいは、
このメルマガに「返信」して頂いてもOKです!


■購読解除はこちらからお願いいたします。

このメールは{EMAIL}宛てに
お送りいたしております。

メルマガ解除はこちらより行ってください
{DELURL}

{YEAR}年{MONTH}月{DAY}日{HOUR}時{MINUTE}分{SECOND}秒 {WEEK-JP}曜日