2013/10/29 09:47:17
  • 週刊SOLYNEWS22号「作ってみよう!自分の朝ごはん表彰式に参加しました」

{COL1}様

先週末は広島ではフードフェスティバルが開催され
その中で行われた「作ってみよう!自分の朝ごはん」という小学生が夏休みに朝ごはん作りにチャレンジするというイベントに協賛させて頂いておりまして、表彰式に参加させていただきました。

表層式の模様は動画でもご覧いただけます
http://youtu.be/hEAE2pTlLjQ

■今週の一句

ふたり旅 枯れ葉舞い散る 太鼓橋

旧跡を訪れた老夫婦が太鼓橋を渡る
その周りでは赤や黄色に色付いた葉が
風に吹かれて舞い散っている。
そんな様子を詠みました。


■今週のブログ

今週はソリーちゃんの「ソーシャルメディア事始め」シリーズ3連発です。

ソーシャルメディアが炎上!そのプロセスとは?
http://soly.jp/archives/6248

ソーシャルメディアマネージャーとは?
http://soly.jp/archives/6254

ソーシャルメディアとSEO
http://soly.jp/archives/6257

■ 今週の気になるニュース

介護:市場規模4兆円超、法改正で富裕層狙いの家事援助代行が拡大へ
http://president.jp/articles/-/10861

団塊の世代が65歳を超え、家事援助代行やフィットネスなどの介護予防の分野の市場が大きく伸びるようです。


◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  シリーズ 成年後見制度Q&A
―――――――――――――――――――――――――――――――――◆◆

Q:
後見制度には、後見・保佐・補助と段階がありますが具体的にはどのように違うのですか? 

A:
成年後見制度は本人の判断能力の不十分さの度合いに応じて本人が必要とする援助の度合いが違います。ですから、後見人・保佐人・補助人ではその関与出来る範囲が違います。成年後見は判断能力がほとんど無い場合に利用される制度ですから身上監護や財産管理等広範囲にわたり法律行為が行える「代理権」が与えられます。

保佐は判断能力が著しく劣っているけれども、判断能力がまだ残されているという人が利用する制度で、お金の貸し借り、不動産の売買等民法で決められた「重要な行為」についてのみ本人がする行為への同意権および同意のない行為についての取消権や追認権が与えられます(民法13条)。また、本人が望んだ場合のみ特定の法律行為について代理権が与えられます。

補助は、判断能力に不安はあるが、著しく劣っているわけではないという場合に利用する制度で、補助人には保佐人の同意権の対象となる行為の一部に家庭裁判所から同意件・取消権・追認権が与えられます。保佐とは違って代理権・同意権を付与する場合も本人の同意が必要とされています。

法定後見(後見・保佐・補助)は医師の診断を含む申し立てに基いて家庭裁判所が決定します。


成年後見ホットライン:082-511-7100
詳しくはWEBでも http://soly.jp/seinenkouken/


◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  編集後記
―――――――――――――――――――――――――――――――――◆◆

日本シリーズのマー君スゴイですね。
さすが負けないエースでした。
今日から東京ドームでの試合。
日本シリーズもまだまだ目が離せません!


★☆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  SOLYソーシャルメディア
―――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

Blog http://soly.jp/

Facebook https://facebook.com/solyfan


★☆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  ご注意
―――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

当メールでの情報で提供される情報は最新の注意を払っておりますがお客様自身の責任の基で

コンテンツをご利用いただきますようお願いいたします。
また。具体的な案件に関しましてはお気軽にご相談ください。


■発行者情報

発行者:司法書士法人SOLY

問い合わせ先:info@soly.jp
事務所サイト:http://soly.jp

〒730-0013
広島市中区八丁堀3番8号 ハイネス白峯ビル1001号
TEL 082-511-7100 FAX 082-511-7101


■ご意見・ご質問はこちら!

⇒ http://soly.jp/toiawase

あるいは、
このメルマガに「返信」して頂いてもOKです!


■購読解除はこちらからお願いいたします。

このメールは{EMAIL}宛てに
お送りいたしております。

メルマガ解除はこちらより行ってください
{DELURL}

{YEAR}年{MONTH}月{DAY}日{HOUR}時{MINUTE}分{SECOND}秒 {WEEK-JP}曜日