2013/08/28 12:43:57
  • 週刊SOLYNEWS第13号「広島は秋の気配」

{COL1}様

広島では秋の気配が感じられるようになってきましたね。朝晩の涼しさが夏の終わりを告げているようで、ちょっぴり寂しい気もしますが、この猛暑から解放されたという安堵の気持ちも織り混ざり、秋独特の心模様な編集Iです。

日本以外の多くの国では9月は新年度。就職や入学で忙しくなるのもこの時期です。秋入学の検討も始まったように、大学もグローバル化への対応を迫られているようです。

さて、11月頃のうららかな晴天を「小春日和」と言いますが、春という言葉からやはり春をイメージしてしまいがちですが、秋の気候を表した表現で、俳句では小春日和・小春は冬の季語となっています。面白いですね。

小春日和といえば、さだまさし作詞作曲の「秋桜」

「こんな小春日和の穏やかな日はあなたの優しさが滲みてくる」

良い歌詞ですね。


■ 今週のBLOG エディターズチョイス!

「終活」は慎重に
http://soly.jp/archives/6139
(司法書士 照本夏子)

終活ブームと言われて久しいですが、最近は終活に関連した消費者センターへの相談件数も増えているようです。どんな所に気をつけなければいけないのでしょうか。照本司法書士がお伝えします。


■ 今週の気になるニュース

裁判員法改正 「出頭」のままですか
http://www.shinmai.co.jp/news/20130819/KT130813ETI090007000.php

「呼出状」「出頭」「解任」など、裁判員に対し使う用語が威圧的ではないかという記事。法務省は「長い年月をかけて積み上げられてきた文言で、法律の厳密性からすると安易に変えられない」との見解。みなさんはどうお考えですか?


◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  シリーズ 成年後見制度Q&A
―――――――――――――――――――――――――――――――――◆◆

Q:
一人暮らしで足の不自由な叔父は、現在72歳。一人暮らしの上に足が不自由で外出が難しく、日常の支払いや将来にわたっての財産管理を昔から付き合いのある信頼出来る知り合いのAさんに任せる事にしました。そこで、公証役場で委任契約(財産管理契約)と任意後見契約を結び、通帳の管理を含め財産管理全般をAさんに任せる事になりました。最初は問題なかったのですが、叔父が認知症の疑いが出だした頃、事件は起きたのです。

委任契約及び任意後見契約では、本人が判断能力を失った時に、受任者が家庭裁判所に任意後見監督人の選任を請求するということになっていますが、叔父が判断能力を失ってもAさんは任意後見監督人の選任を請求しませんでした。

そして、判断能力が無いのをいいことに、叔父の定期預金500万円を勝手に解約して使ってしまいました。

このように受任者の権限濫用によって本人が不利益を被る場合が少なからずあるようですが、本人が不利益を受けないためにはどのような注意点があるでしょうか。

A:
以前任意後見制度の有効性についてお話しましたが、今回は「受任者の権限濫用」という大変重要な問題についてのご相談です。今回のケースは、任意後見契約を意図的に発効せず、委任契約に基づく財産の管理権限を濫用し不正を行ったという事件です。委任契約と任意後見契約を同時に行う事は、スムーズな財産管理を行う上では有効な方法ですが、落とし穴がある事にも注意が必要です。

長年信頼してきた人を疑いたくないというお気持ちから、安易に財産管理を任せてしまいがちですが、手元に自由に動かせる権限のあるお金があるとどうしてもそういった不正が起こってしまうという事は現実にありますので、任意監督人(会社の監査役のような役割)の選定を委任契約に含むといった対策も有効です。

また、任意後見制度は、家庭裁判所を通じた法的な制度で、必ず後見監督人が付きますが、委任契約はあくまで当事者間の自由契約です。ですから、判断能力のある本人自身が本当に信頼出来る人を選ばなければなりません。

包括的な支援を行う団体もありますので、当事者間だけで決めてしまわずにまずは相談される事をおすすめします。


成年後見ホットライン:082-511-7100
詳しくはWEBでも http://soly.jp/seinenkouken/


◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  編集後記
―――――――――――――――――――――――――――――――――◆◆

8月27日のDeNA戦は8回の大逆転劇見事でしたね。
この調子で進めばひょっとしたら今年初のCS進出が見えてくるかもしれません。
期待大です。


★☆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  SOLYソーシャルメディア
―――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

Blog http://soly.jp/

Facebook https://facebook.com/solyfan


★☆―――――――――――――――――――――――――――――――――
  ご注意
―――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

当メールでの情報で提供される情報は最新の注意を払っておりますがお客様自身の責任の基でコンテンツをご利用いただきますようお願いいたします。
また。具体的な案件に関しましてはお気軽にご相談ください。


■発行者情報

発行者:司法書士法人SOLY

問い合わせ先:info@soly.jp
事務所サイト:http://soly.jp

〒730-0013
広島市中区八丁堀3番8号 ハイネス白峯ビル1001号
TEL 082-511-7100 FAX 082-511-7101


■ご意見・ご質問はこちら!

⇒ http://soly.jp/toiawase

あるいは、
このメルマガに「返信」して頂いてもOKです!


■購読解除はこちらからお願いいたします。

このメールは{EMAIL}宛てに
お送りいたしております。

メルマガ解除はこちらより行ってください
{DELURL}

{YEAR}年{MONTH}月{DAY}日{HOUR}時{MINUTE}分{SECOND}秒 {WEEK-JP}曜日