合同会社とは?

合同会社(日本版LLC)とは?

合同会社の設立数は今右のグラフの通り増加の傾向にあります。合同会社(日本版LLCとも言われます)は、出資者の全員が有限責任社員でありながら、株式会社のような機関設計(株主総会・取締役会など)や株主の権利といった規制が無く、総社員の同意に基づいて会社の定款変更や会社の意思決定ができるなど迅速な会社運営が可能であり、小規模企業に最適な会社組織と言えます。 

株式会社への組織変更も可能

ビジネスは小さくはじめて大きく育てるのが鉄則とも言われますが、設立が簡単で費用も少なくてすみ、意思決定のスピードも速い合同会社はスタートアップ企業にも最適な会社形態であると言えます。最近の急速な設立数の増加は、法改正前まで有限会社が担っていた小規模企業の会社設立の役割を合同会社が担っているとも言えます。

なぜ合同会社か

株式会社・合同会社とも法人の形態ですので、法人に変わりはありません。しかし役割に違いもあります。 株式会社は「物的な会社」とも言われます。例えば資本金を使って設備(物)を購入し、その物を使うことによって利益を生むという形態がかつては一般的でした。ですからお金がある人がその利益を享受するということで、法律的にも利益が出れば株主がその株式の比率に応じてその利益を得るという形になります。

一方合同会社は「人を主体とする会社」とも言われ、お金だけで無く、ノウハウや技術を提供した人にも利益配分を得る権利を持つ仕組みとして活用されるようになってきました。ですから合同会社では定款によって出資比率によらずに配当を変えることも法的に可能です。これは「定款自治」と呼ばれ、法律に縛られずその会社で利益に関する規定も柔軟に設計できる会社制度として注目を集めています。

例えばノウハウを提供できる人とお金を提供できる人が同等の配当比率で合同会社を設立するといったことも定款への記載によって可能となります。会社設立の一形態として合同会社という選択も視野にいれて設立の準備をしてみてください。

ご質問等ございましたら司法書士法人SOLYへお気軽にご相談ください