不動産の決済。そして司法書士の役割とは?

土地の購入や注文住宅の新築、中古マンションや一戸建を買う際に契約をしますが、契約とは別に、売主と買主の間でお金のやり取りを行うことを「決済」と言います。この決済には、取引の安全上司法書士が立ち会い、確実に決済の資金が買主から売主に渡ったことを司法書士が確認し、その日の内に不動産名義変更の登記を行います。

決済当日は買主、売主、不動産仲介業者、融資先銀行の担当者、司法書士が集まります。司法書士の役割としては、売買の対象物件や当事者、その他必要な書類を確認し、当事者へ説明を行います。登記に必要な書類がそろっていないと登記できませんから、決済はできないということになります。登記ができる状態であることを確認してはじめて資金の移動が行われます。

お金の流れは?

一般的に借入が残っている売主の物件を買主が銀行の融資を受けて売買をする場合次のような流れになります。

銀行から買主へ融資実行

買主から売主へ残代金支払い

売主が借入先へ弁済

法務局へ所有権の移転登記、抵当権抹消登記、抵当権設定登記

決済当日の流れ

まずは司法書士が当事者の方の本人確認と、登記識別情報(権利証)の確認をします。それに続き、登記に必要な書類に署名・押印をいただきます。

続いて支払になります。買主様が金融機関で融資を受けられる場合はこの時に融資が実行されます。購入と同時に仲介業者様の手数料、工務店様へ工事費用の支払い等が行われます。

登記の申請

決済が滞りなく完了したら、当日中に所有権移転登記、抵当権設定登記などを申請します。 法務局の混雑具合によっても違いますが、おおむね1週間程度で登記が完了します。

必要書類

各決済によって必要な書類や費用は様々ですので、詳しくは決済前に丁寧にご説明します。次の書類は一般的に必要とされるものです。

お客様が用意するもの

買主・・・1)住民票 2)印鑑証明書(担保設定する場合)
売主・・・1)権利証(登記済証) 2)印鑑証明書(作成3ヶ月以内)
     3)法人の場合には資格証明書(作成3ヶ月以内)
※決済当日には実印も必要

費用

費用は、費用一覧をご確認ください。

司法書士がなぜ立ち会うのか

司法書士が不動産売買の決済に立ち会うのは関係者すべての利害関係を調整し、円滑に手続きをすすめることができます。不動産取引の安全を担保するという意味合いが強いものです。

税金について

不動産を取得する場合は、不動産取得税、固定資産税がかかります。住宅ローンを利用している場合で一定の要件に当てはまる場合は所得税の控除を受けられる場合があります。