広島で相続問題のご相談は司法書士法人ソリーへ

相続問題を考えてみませんか?

あなたにとって大切な方がお亡くなりになった時、「相続」は避けては通れない問題です。

預貯金の解約、不動産の名義の変更等々、全て亡くなられた方の所有物を処分しようとするときには、必ず誰がどれだけ相続するのかということが問題になってきます。また、相続するのは、プラスの財産ばかりではありません。負債も相続の対象になるのです。負債がプラスの財産に比べてあまりに大きいときには、「相続放棄」も検討しなくてはならないでしょう。さらに、上記のようなことで親族間の紛争が起きないように、生前に「遺言」を残しておくという方法をとることもできます。

相続はみなさんに発生するものです!

「うちには財産が無いから相続なんて関係ないわ」そうお思いでしょうか。そんなことはありません。亡くなった方の名義のもの、持ち物は全て相続財産です。それを引き継ぐ方の名前に変えるには全て相続手続きが必要です。

相続財産にはどんなものが当てはまるの?

相続財産には次のようなものがあてはまります

亡くなった人名義の

  • 不動産(家・土地)
  • 預貯金
  • 電話加入権
  • 自動車
  • 有価証券
  • ゴルフ会員権
  • 賃貸借契約(貸している場合、借りている場合共に)
  • 特許権・著作権
  • 貸付金・負債(借金)
  • その他(現金・生命保険・退職金・家具・貴金属)

相続人は誰?

Aさんが亡くなった場合の相続人は以下の図の通りです。

相続手続き概要

  1. 死亡の日から7日以内に市区町村役場へ、死亡届を提出
  2. 遺言が発見された場合は、公正証書遺言の場合を除き家庭裁判所で検認の手続き
  3. 被相続人の資産及び負債の概要を調査
  4. 相続人の確定
  5. 被相続人が生前に確定申告をしていた場合には、4ヶ月以内に所得税の準確定申告
  6. 相続人全員において遺産分割協議
  7. 相続財産の名義変更手続き
  8. 相続税を支払う必要がある場合は、10ヶ月以内に相続税の申告及び納付

上記が、相続手続きの流れになります。SOLYが相続についてもあなたのお手伝いをします。

相続に関しての疑問・お困り事など、お気軽にお問い合わせください。

相続・遺言専門サイト

相続・遺言に関するより詳しい内容は、当法人の専門サイト「広島相続・遺言相談センター」も合わせてご覧ください。