広島で企業法務のご相談なら司法書士法人SOLYへ

企業経営者の皆さんへ重要なお知らせです

平成18年5月施行の会社法で、経営者に対し、条文で明確に”内部統制”の整備が義務付けられました。内部統制とは、1.コンプライアンス 2.情報管理 3.リスク管理 4.内部監査を総称する用語です。英語でコーポレートガバナンスとも呼ばれます。

その中でも特に1のコンプライアンス(法令遵守)については、会社業務が法令及び定款に適合することを確保する為の体制を作らなければならないとされています。まさに内部統制の核は法令遵守と言っても過言ではありません

司法書士SOLYが法律全般に渡って、企業経営をサポートします。

司法書士は会社法のエキスパート

司法書士の仕事は登記だけでなく、法律のエキスパートとして、企業経営に関わる法律関連業務のサポートができます。特に司法書士は会社法に精通した国家資格者(会社法全条文に精通しなければ合格出来ません)ですので、会社法の詳細に関してアドバイス出来る強みがあります。

司法書士法人SOLY SMEサービス

司法書士法人SOLYでは貴方の会社の顧問司法書士として継続的にご相談に応じ、法的ご提案を行うサービスを行っております。継続的なお付き合いを重ねることで、企業活動から生じるニーズに迅速かつ的確にお応えすることを目的としております。

具体的な課題に対するサービスは以下のとおりです。

気軽にアドバイス出来る外部の専門家が欲しい

そのようなご要望に対し、司法書士法人SOLYでは継続的な相談で円滑な企業活動を支援いたします

契約に最して法的チェックを受けたい

問題が起こってから解決するのではなく、問題が起こる根本を探し未然に防ぐ事がこれからの企業経営には求められます。契約書の法的な問題を事前に解決し、スムーズな企業経営を実現します

企業運営に役立つ法的情報の提供とそれに基づく提案を受けたい

日々変化する法律情報を性格にキャッチアップすることは専門家だから出来る事でもあります。企業経営者には本業の部分で力を発揮していただき、法律情報の補足を当法人が担当する事で円滑な企業活動が実現します

福利厚生の一環として従業員個人の相談にも応じて欲しい

悩みを抱えている社員はその力をなかなか発揮出来ないかもしれません。個人的な法律問題の解決を福利厚生の一環として提供することができます。国家資格の司法書士には守秘義務が課せられており、気軽に相談出来る外部の専門家として御社のお役に立ちます

SME法務サービスのメリット

予防法務により法的紛争を未然に防ぎます

契約は、将来おこりうる紛争を防ぐ最強の防波堤です。顧問先との緊密な関係の構築によって、事業内容から発生しやすい問題点を熟知し、迅速かつ的確なアドバイスとチェックを行う事が出来ます。

法務のアウトソーシング

複雑で専門的知識を要する法務を当事務所にアウトソースすることで、法務部を設置する人材育成費用や、事務処理の負担・コストを軽減できます。

会社の法務ドクター

従業員の方の個人的なご相談に応じることで、福利厚生として機能します。また、その際の相談料(通常30分5000円も無料になります)

継続的関係の構築による迅速な対応

顧問契約の締結による、日々の法律相談を通じて会社の取引先、起こりやすい問題等の情報が当事務所に蓄積されていきます。これにより、具体的案件に迅速に対応することが可能となります。

ワンストップサービス

具体的案件で司法書士の取扱業務範囲外の事由が生じた場合には、提携している外部の専門家をご紹介いたします。

相談コストの削減

顧問契約に基づく継続的サービスですので、相談料(通常30分5000円)は頂きません。メール・電話・面談でのご相談に日常的にお応えします。

月額顧問料

月額顧問料は業務内容によって月額15,000円のプランからご用意しております。お気軽にお問い合わせください。詳しいご提案を差し上げます